奈良市小学校 PTA本部役員選考委員会

例年だと運動会シーズンとなりますが、運動会は体育参観と名前を変え縮小したのはコロナのせいですが、大人の運動会?今年もそろそろ来年の本部役員選考を始める時期が近づいてきました。

責任を伴う立場とは、どんな組織でも経験がまず必要です。いきなり何もわからずTOPになる組織って、そうそうないです。

奈良市小学校 PTAの空

社会では当たり前のように新人や平社員から経験を積み、試験を受けたり推薦されて運営の責任者となりますが、ボランティア団体、特にPTAは、みなさんのお話を伺っている限りまず、本部役員のなり手がいない。しかもなんと毎年!!って笑 みなさんもうご存知ですよね笑

PTAは、ここから始まります。知らなくてもよく聞きますし、こういうものだとなんとなく思ってます。

自治会とかと同じで、大変そう。余計な仕事をしないといけない。我慢の一年となるのが PTA役員をする年。さらに、その上の組織である本部役員とは面倒の塊みたいな存在。

なり手がいないんだから、毎年苦労して人を探す。必ず誰か推薦するように手紙で促してみたり、長い時間をかけて口コミでやれそうな人を探したりで、本当に多くの労力を使って次年度の本部さんを決められているそうです。

でもおもしろいのが、誰もやりたがらないその本部役員に、稀に立候補される方が現れると、ざわつくそうです。だれ?どういう人?なに?なんなの!?って。

全身全霊で警戒をされるそうですが、これもどこの学校でも同じみたい。

たとえば、役員に立候補された方のご職業が、市や県会議員候補者だった、なんてほんとよく聞きます。

彼らがどういう意図でかは知りませんが、やってくださるという事でPTAで役員候補に立候補されると、なぜか知人友人のご主人をなんとか探し出し、推薦をしてその方を会長に据える。立候補者がいる時の方が、選考が活性化するなんて、本当によく聞きます。会則にない選考と呼んでいいんじゃないかな?不思議なよくある PTA話。

変化を求めない組織運営。前と同じが一番いいとする活動形態。そりゃ、なり手も減るだろう。時代が移り変わり、何十年も経っているのに、変われない。理由は色々ありますが、まぁ難しい問題ですね。

そして稀にその運営に異議を唱えたりして、運営方法を変えそうな人が出てきたら、そりゃもうテロリスト扱い。。全力で排除です。こうやって組織として変化を望まず今まで通りにやれる人を望んで、数十年以上伝統を守ってきたのだから。新しい学校にはないこだわりと、時代に合わせることはまず、ないでしょう。

それでは役員さんは、特に本部さん(執行部さん)ってどんな人がいいの?って聞いてみるとほとんどの方が、まず誰かに推薦された人。って言うの。ほんと、これに尽きます。

誰かの紹介ならまず第1に信用があります。下調べは充分されていらっしゃることでしょう。自分の代でおかしなことになってはいけませんから。

そして次に面接を行います。

(端折りますが、人選に大体の目星がついたところまできたとして)選考委員や本部役員さんが色々話してみる。この人なら任せられるかな?この人なら波風立てず、やってくれるかな?なんて。きっと面接の後にも丁寧に審議されていらっしゃるのでしょう。そしてさらに、地域のネットワークで(できれば)なんとなく次年度の足場固めをするのかもしれない。ここまでが前年度の本部役員・執行部の目に見えない努力です。

ここで作法があり、推薦された方は一度私では役不足ですと断るそうです。

お願いしたけど最初は役不足だから断られたんだけど、仕方がなく引き受けてくださった。そんな慎ましい方を人を求めているのだそうです。

そして新年度前に、よし、無理に言って引き受けてくださったのだから、みんなで役員さんを支えよう!

となる。らしい。。。

って、そろそろ言ってもいい?

なんじゃそりゃww

オリジナリティーあふれる価値観ですが、実は否定しているわけではありません。実に難しい人間関係や地域性を考慮した慎ましい努力の積み重ねからくる、ここ数年地域のお客様から聞き続けてきた美容師が知る奈良市近郊のリアルなPTA役員選考話です。

たとえば木津川市内などの一部の小学校では、子の人数の圧倒的な多さからほぼ委員役員が当たらないというくじ引きによる役員選考のところもあるそうです。ベットタウンは別ですが、基本的にはどこも少子化からくるPTAのなりて不足が続きしわ寄せが始まっているので、”暗黙のルール”が築き上げられた。これこそが今のPTAなのではないでしようか?

ねえねえなにこれ?これってうちの学校の話?って見てて思いませんか?

そうなんです。

どこも同じように考え“うまく”対応しながら、子育てに教育に心休まらない日々をお過ごしのママさんらが、目には見えない精いっぱい根回しを行う努力と、敬意を表したいくらいのたっぷりと必要な勇気と共に、日々のPTA運営されていらっしゃいます。

これ、今年もまた選考がはじまるんです。

また、一から今年の役にあたった方達でやるんです。

もちろん、来年あたった方もこの時期にされるんです、同じことを勇気と努力をもって。

何年も前、いや何十年も前から行われてきた尊い努力を、未来志向に変えるために、テロリストにはならない運営で適正化を図るにはどうしたらいいと思いますか?

あなたがやればいいんですよ(笑)しかも任期はたったの一年でね。

意地悪な言い方しましたが、可能なら少しづつ話し合いながら変えていけたらいいですね。

この話はほぼ聞き取りのみで書いたノンフィクションです。 PTA話は、当美容室で日々続いています。あなたの学校の話も是非聞かせてください。ご来店お待ちしております。

The following two tabs change content below.
くせっ毛ちゃんの、全てのお悩みに対応するるべく、様々な情報を発信しています。 ワードプレスを使って、より多くの方の目の前に現れることが出来たらと願っています。 奈良市学園前の住宅地にある隠れ家美容室のオーナーで、2010年2014年生まれの女の子の父です。

最新記事 by ガロちゃん (全て見る)

4週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です